【エニタイムフィットネス】調査してわかった!入会の仕方や口コミ・評判を解説

トレーニング

みなさん、こんにちは!アンドーです!

健康業界が益々盛り上がっているに伴、ジムに入会する人も年々増加しています。
様々なジムがある中で、人々のライフスタイルに合わせたジムの形体も変わりつつあります。

わたくしアンドーは昔、ジムのインストラクターしていまして、約3,000名の人のトレーニングに関わってきました。

トレーナーだった私も、今までいくつかのジムに入会して思ったのが、「24時間ジム」の便利さです。

ジムにはいくつかの特色や形体があります。

①時間によって料金が違う、スポーツクラブ
②マンツーマン指導のパーソナルジム
③24時間通い放題のジム
どれも、メリットデメリットがありますよね。
その中でも、私が一番おすすめするのが、「24時間ジム」です。
24時間ジムのメリットは数え切れないくらいあります。
・時間に縛られることなく通える。
・何時間使ってもOK。
・入館してからすぐに運動できる動線が作られている。
・マシン、フリーウエイトが十分な数ある。(初心者にとっては)
・会費が他のジムよりも安価。
・シャワーや簡易的な更衣室が完備されている。
・時間によってスタッフがいる。
・どの店舗に行ってもOK。
24時間ジムの種類や店舗によっては異なりますが、だいたいは上記と同じ内容か思います。
そして、わたしも通っており、一番の店舗数を誇っている24時間ジムが、
「エニタイムフィットネス」です。

 

今回は、エニタイムフィットネスの入会の仕方や、評判、口コミなどをご紹介いたします。

エニタイムフィットネスとは?

“私たち一般の生活者にとって“本当にいいフィットネスジム”とは何だろう?”

この思いで、2002年アメリカ・ミネアポリスにエニタイムフィットネスの1号店がオープンしました。

出典:株式会社Fast Fitness Japan

1号店オープンから約10年の間で2,000店舗2015年までには世界22カ国と計3,000店舗を達成しました。

日本の1号店は、2010年10月、東京都調布市に1号店がオープンされ、約1年で全国で800名を超える集客を達成しております。現在では、日本で約970店舗を超えており、会員数は約62万人まで増加しております。

エニタイムフィットネスには、「直営店」「フランチャイズ店」があり、その内の9割程度がフランチャイズ店というのも特徴の一つです。

エニタイムフィットネスの入会方法は?

 

エニタイムフィットネスの入会方法には2つのパターンがあります。

 

【入会の流れ】

出典:エニタイムフィットネス

 

STEP1:店舗の検索

まずは、最寄りや職場の近くにエニタイムフィットネスがあるか、店舗を検索してください。
自分が普段行きやすい場所がおすすめです。

 

STEP2:WEB入会

WEB入会では、各店舗のサイトから申し込みを行います。
こちらは仮に【赤坂店】のサイトで見ていきましょう。

赤坂店の場合、サイト右下に「見学予約」と「WEB入会」があります。

 

見学予約の場合は、下記のようにフォームを記載する欄がありますので、全て記載して、自分の都合の良い日にち・時間で設定して、実際に店舗に行ってください。
注意点としては、スタッフが在席している時間しか対応してくれないので、あらかじめスタッフアワーを調べてから、行くようにしましょう。

 

WEB入会の場合は、赤枠欄の「WEB入会」を、クリックをすると、実際に入会のまでの流れが親切に記載されています。
このページはどの店舗も共通のページです。

 

1、WEB入会手続きの開始

最下部の、「WEB入会を開始する」のボタンを押すと、個人情報の記入に移りますので、記入して置くと当日の手続きが早く終わりますので便利です。

 

2、個人情報の登録

 

3、入会手続き(初回お支払い金額の確認と支払い方法の選択)

当日は店舗に行って手続きをすると思いますが、店舗についたら扉近くに「インターホン」がありますので、そこを押してから、「○○時から入会希望の○○です。」といえば、スタッフが迎えに来てくれますので安心してください。

エニタイムフィットネスの月額料金は、立地によって変わってきますが、だいたい7,000円〜10,000円の間を推移しています。
スポーツクラブに比べると若干安いかなといった位です。

 

4、クレジットカードで決済

 

5、セキュリティキー発行の手続き

 

手続きは、内容にもよりますが、約30分程度で終了するかと思います。
途中、注意事項などの動画を見たりします。もちろん見学もOKです。

 

気になるジム内の外観や設備は?

気になるのが、エニタイムフィットネスの内観や外観ではないでしょうか。
正直、立地や建てられた年数によって、多少の広い狭い、キレイさなどは異なってきます。

ここでは、雰囲気をつかんでいただき、実際にどういうトレーニングができるのかを見ていきましょう。

各店舗に必ず完備されているのが、フリーウエイト、マシン、ランニングマシンやストレッチエリアです。

店舗によっては、水素水、タンニングマシンや、バトルロープ、パーソナルトレーニングのサービスなどを取り揃えている場合がありますので、お近くの店舗をお調べください。

 

エニタイムフィットネスの口コミや評判は?

実際に、エニタイムフィットネスのメリット・デメリットをみていきましょう。

まずはメリットです。

・24時間どこの店舗でも利用ができる。
・店舗数が多いので、比較的通いやすい位置にある。
・マシンが綺麗なので安心して利用できる。

次にデメリットです。

・店舗や立地によるが、利用者の態度が悪い。
・狭い店舗では、フリーウエイトの数が限られているので、空くまでに時間がかかる。
・スタッフの時間が決まっているため、夜はいないことが多い。
態度が悪いことに関しては、どこのジムにもいますよね。エニタイムの場合は、金額が安いためいろんな人が入会できてしまうため、このような意見が上がっているのでしょう。
次に実際の口コミをご紹介します。
会員さんは普段どんなことを思いながら、ジムを利用しているのでしょうか。
仕事が不規則で、終わる時間が読めないので、24時間いつでもやっているのはありがたいです。

たまにスタッフいる時間帯にいけるが、9割以上のスタッフさん感じ良いし満足。

運動不足を解消するために利用しました。
利用料金は無理なく通える金額で週に2回通うには丁度良かったです。
コロナ前から各マシーンの近くにアルコールシートが配置されており、みなさん使用後に拭いてから離れていたので安心して利用できました。

マシンに座って10分20分トレーニングせずにスマホをずっといじってる人が居て。効率良く回りたいのに、結局一度も触れないマシンも出てくる始末。

店舗によって、設備の充実具合、清潔感がぜんぜん違う。
通いやすいところにあるなら下見してからのほうが良いかも!

いかがでしょうか。
様々な意見がよせられており、やはり店舗によって色が違うことがわかりますね。
また、ジムによくいます「ずっとマシンから離れない」というのは永遠の問題かもしれません。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

個人的な意見としては、しっかりと店舗を選べば、満足のいくトレーニングライフを送ることができると思います。
エニタイムは店舗の数が多いので、都内であれば「コンビニ感覚」で行ける店舗もあります。

ただ、筋トレ初心者や知識がない人にとっては、ハードルが高い部分もあるので、しっかりと基礎体力や知識をつけてから行くようにしてくださいね。

それでは、どこかのエニタイムフィットネスでお会いしましょう。

素敵なトレーニングライフを。

コメント

タイトルとURLをコピーしました